イコニワークスでは、SEOコンサルティングを行う際には短期間にお客様のウェブサイトの検索順位が変動に応じた成功報酬型ではなく、定額費用を頂戴しています
※もちろん、内容に応じて一般的にもかなりお安くしています!

SEO業者の中には、検索エンジンでお客様WEBサイトの検索結果が向上した場合にのみ費用を請求する「成功報酬型」のサービスを提供しているところがあります。
これは、SEO対策の作業に入る前と作業後にキーワード検索での検索結果がどのように変化(向上)したかによって、SEO業者に報酬が発生するというものです。

この『成功報酬型』は、良い効果が得られなかった場合には当然費用が発生しないということで、一見お客様にとってリスクの低いサービスのように思えますが、実は逆にお客様にとって非常にリスクが高いものが多いというのが実情なのです。
ホワイトハット

SEOにはホワイトハットとブラックハットがある。

『成功報酬型』を謳うSEO業者は、検索結果の表示順位を上げることに絶対的な自信を持っています。 ただし、逆に短時間で検索結果表示順位を上げなければいけないということは、検索エンジンをいかに欺くかという手法を用いざるを得ません。 もちろん、Googleはこうした不正なSEO対策を駆逐するために日々アルゴリズムの改善を行っています。 一朝一夕に検索順位を上げることができるという手法は、実はある日突然Googleからペナルティを与えられる(ある日突然Googleの検索結果に表示すらされなくなる)リスクが非常に高いものが多いのです。

SEOには大きく分けると、ホワイトハットSEOと呼ばれる手法と、ブラックハットSEOと呼ばれる手法があります。

ホワイトハットSEOとは、簡単に言うとGoogleが提供しているウェブマスター向けガイドラインに違反しないSEOを行うことです。良質なサイトが検索エンジンにより高く評価されるために、Googleのページ品質評価基準に応じて、サイトの使い勝手の改善や、コンテンツの明確化、サイト表示の高速化などの内部施策を行い、ユーザーと検索エンジンの両方にとって有用と判断されるウェブサイトの改善を目指します。

一方、ブラックハットSEOとは、検索結果順位を上げることやトラフィックを増やすことのみを追求し、ユーザーのためにならない裏技や抜け道のような手法を使用してそのサイトに本来適切な掲載順位より高い掲載順位を得ようとするSEO手法のことです。このブラックハットSEOは実体のない外部サイトからのリンクやコンテンツの複製・誘導ページなどにより一時的に、早急にページ検索家か順位を上げることができるのが特徴です。

ただ、これらの手法はウェブマスターガイドラインに違反するものや、グレーゾーンのものが多く、一旦Googleに「悪意がある」と判断されてしまうと、本来よりもさらに検索順位を下げられたり、検索結果に全く表示されなくなるなどのペナルティを与えられることがとても頻繁に報告されています。 最近ではこうしたガイドラインに抵触する手法でSEO対策されているサイトの発見・監視とペナルティが強化されており、ある日突然に検索結果に自サイトが表示されなくなってしまうというリスクが非常に高まっています。

成功報酬型SEO業者は、契約を終了すると順位が下がる可能性がある。

先に説明したブラックハットSEOのもうひとつの特徴として、外部的施策により強制的に検索結果順位を上げているウェブサイトは、それらの外部要因を取り除くと検索順位がすぐに下がってしまうということがあります。

成功報酬型SEO業者は、契約期間中は外部リンクなどを提供していますが、契約を終了してしまうとそれらのリンクや誘導ページからのアクセスを遮断してしまうため、一瞬にして検索結果順位が圏外に落ちてしまうようなことが起こります。(これは本来の健全なSEO対策ではあるべき姿なのですが)

それに対して、ホワイトハットSEOは自サイトのコンテンツ自体を改善していく手法ですので、急激に検索順位が上がるわけではありませんが、契約終了後もSEO対策されたウェブサイトはお客様の資産としてご活用いただくことができるのが最大の特徴なのです。

イコニワークスのSEO対策支援は、まさにこのホワイトハットSEOを実践しています。

イコニワークスのSEO対策支援は、単に検索エンジンの表示順位を上げることだけを目的とするのではなく、お客様のウェブサイトをユーザーにとって使いやすく改善していくことで、検索エンジンが「良質の優れたウェブサイト」と認識するような改善のための手助けを行っています。