Googleは『Google Webマスター向け公式ブログ」において、2015年4月21日より「モバイルフレンドリー」でないWEBサイトに対して検索順位が下がる可能性を示唆しています。

Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。

モバイルフレンドリーとは、主にスマートフォンやタブレットPCで閲覧された際にページがユーザーに見やすく使いやすくデザインがされているかということ。 ただし、モバイルから閲覧された場合すべてモバイル用にデザインした別のサイトのトップページなどにJUMPさせるのはダメ、PCでもモバイル端末でも同じ検索結果から同じコンテンツのページにリンクされていないといけません。

Googleモバイル対応

Googleはかねてより、端末の解像度が異なっても適切なレイアウトに変更することができるレスポンシブ・デザインを推奨しています。

SEO対策において、モバイル対応は待ったなし、の状況です。

どうすればいいかお知りになりたい場合は、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。