露出計 最近再び使い始めた、アナログ式露出計。 確かずいぶん前に中野の中古カメラ屋で見つけてただ同然の価格で入手したもの。主に針穴写真用に使っていて、ここしばらくは出番もなくダンボールの底で眠っていたのを掘り起こしてきました。 なにしろ超アナログ、ボタンを押してダイヤルと針を合わせて数字を読む、という露出計としては最低限の機能しかなく、単純明快。 「だが、それがいい」のです。

デジタルとアナログ。どちらが便利なのか機能的なのかと優劣をつけることはナンセンスな話ですけど、一般的にはデジタル=合理的、アナログ=情緒的と捉えられることが多いこの頃。 デジタルカメラは高機能で合理的、フィルムやトイカメラは情緒的。まぁ、確かにそうであることに異論はありませんけど、こういう頻繁に使用するものは最低限の機能を物理的スイッチで操作できる軽快さこそまさに「合理的」だと思うんです。

実はこれまで、露出計はiPhoneのアプリを使ってましたが、便利なはずのスマホアプリが非常に不便で困ってました。まずポケットから出して、スイッチでスリープから復帰させて、パスワードでロック解除して、アプリ立ち上げて、絞り値設定して…の繰り返し。その点、この超アナログ露出計ならスイッチ押してダイヤル回すだけ。しかも絞りもシャッタースピードも計測してから決められる。 専用機だからといえばそうなんですが、多機能なデジタルデバイスほどいざという時使いづらいという顕著な例かもしれません。

効率を求めるならデジタルとアナログを上手に使い分ける…やっぱりそういう結論に至りますね。